HOME > News > 『招き猫選手権2019』受賞作品発表!

『招き猫選手権2019』受賞作品発表!

いよいよ『招き猫選手権2019』の展示がスタートしました!
各地よりたくさんのご応募をいただき、とてもにぎやかな展示となっています。

maneki0104a.jpg



みなさまの一票で決まる『ポピュラー賞』の投票も開始しております
投票箱は陶画舎ショップ内にございます。
メールでも投票できますのでふるってご参加ください!

maneki0104b.jpg


☆ 人気投票『ポピュラー賞』についてはこちら
↓↓↓
あなたの一票で賞が決まる!『招き猫選手権2019』人気投票





そして厳正なる審査の結果、各賞も決定いたしました!


『招き猫選手権2019』受賞作品
★最優秀賞★
saiyusyu1_.jpgsaiyusyu2_.jpg
渡辺 麻美
〈選評〉
完成度とは少し違う、不思議な魅力があります。
人招き猫には強い意志を持つ金の炎、金招き猫には軽やかな金彩とゆるめのバラや富士山の絵でなごませ、
改めて一対であることの意味を感じさせてくれる作品です。
黒の使い方が上手く、白い面の多さが気になりません。
顔もとても猫らしい表情で、眼の色がそれぞれ黄と緑で塗り分けてあるのも心憎い所です。



★優秀賞★
yusyu1_.jpgyusyu2_.jpg
市川 文子
〈選評〉
一見して、色使いのセンスが光ります。
本体が猫らしいベージュ系の色で描かれているのに対し、腹~背はたくさんの色数を使っていながら、
しかし全体のやわらかいトーンは崩さない、絶妙な色使いになっています。
眼はもう少し猫らしくてもよかったと思いますが、
やわらかさと華やかさを併せ持つ、ハイセンスな作品に仕上がりました。



★特別賞★
tokubetu_B1_.jpgtokubetu_B2_.jpg
南條 眞紀子
〈選評〉
それぞれ洋・和の要素を盛り込んだ、見る側を楽しませてくれる作品です。
ヨーロッパ陶磁のイメージを詰め込んだ猫も華やかですが、
黒とシルバーの塗り分けが鮮やかな和の猫がより秀逸です。
欠けた鼻部分を金で補ったのもむしろ景色と言えます。
背中に描いた浮世絵の細かさはこの方ならではの技量です。




★特別賞★
tokubetu_A1_.jpgtokubetu_A2_.jpg
濱﨑 弘征
〈選評〉
まず市松風の文様で埋められた面白さが目に入りますが、
やさしさや落ち着きの中に華やかさも感じさせる色使いが優れています。
作者の表参道のイメージでしょうか。
眼も独特ですが、額にヘアバンドのように市松を崩して巻いたデザインもユニーク。
頭頂部に十字の金がひっそり描かれているのも深いです。



受賞者の方々、おめでとうございます!

side_zuijibosyu.jpg

top_student.jpg


top_syosei.jpg


top_mypo.jpg